1. TOP
  2. ホテルのご案内
  3. アクセス

アクセス

マップ

  • JR高松駅よりことでんバス、朝日町線「県立武道館」下車
  • JR高松駅よりタクシーで約8分
  • 高松空港よりタクシーで約40分
住所
〒760-0066 香川県高松市福岡町2-2-1
TEL
087-821-8500
FAX
087-821-8742

アクセス方法

高松空港からのアクセス

タクシー 約40分(約5,000円)

  • ※所要時間及び料金は通路状況やご利用日、時間帯などによって異なります。
  • ※タクシー料金検索はタクシーサイトのホームページをご参照ください。

高松空港リムジンバス
約60分(バス:760円・タクシー約800円)

ホテルパールガーデン前までもございます。
高松駅バス停降車後バスまたはタクシーをご利用ください。

JR高松駅からのアクセス

タクシー 約8分~(約800円)

  • ※所要時間及び料金は道路状況やご利用曜日、時間帯などによって異なります。
  • ※タクシー料金検索はタクシーサイトのホームページをご参照ください。

路線バス まちなかループバスがご利用しやすくなりました。
約16分(均一料金:大人150円 子供80円)

高松駅バスターミナル①番バス停より東廻りにご乗車いただき高松競輪場でお降りください。40分毎に運行しています。

琴電瓦町駅からのアクセス

タクシー 約10分~(約1,200円)

  • ※所要時間及び料金は道路状況やご利用曜日、時間帯などによって異なります。
  • ※タクシー料金検索はタクシーサイトのホームページをご参照ください。

路線バス まちなかループバスがご利用しやすくなりました。
約8分(均一料金:大人150円 子供80円)

瓦町駅東口バス停より西廻りにご乗車いただき「高松けいりん場」でお降りください。40分毎に運行しています。

琴電片原町駅からのアクセス

タクシー 約5分~(約800円)

  • ※所要時間及び料金は道路状況やご利用曜日、時間帯などによって異なります。
  • ※タクシー料金検索はタクシーサイトのホームページをご参照ください。

路線バス まちなかループバスがご利用しやすくなりました。
約8分(均一料金:大人150円 子供80円)

片原町駅前バス停より東廻りにご乗車いただき「高松けいりん場」でお降りください。40分毎に運行しています。

高速道路からのアクセス

栗林公園
①JR高徳線跨線橋

高速出口を下りて一般道路へ北方面へ直進してください。

JR高徳線跨線橋を降りてから真直ぐ北方面へ。

栗林公園
②詰田川の橋

詰田川の橋を渡りジャンボフェリーのりば方面へ。

栗林公園
③左折して県道157号線へ

瀬戸大橋線にでる信号を左へ右側前方に香川県立中央病院が目印。

栗林公園
④ホテル入口

その手前が当ホテルです。

駐車場

無料平面駐車場150台(24時間利用可能)

当ホテルの駐車場は150台収容(平面駐車場)駐車料金は無料です。
大型車・ハイルーフ車でお越しの場合も安心してご利用いただけるよう、ゆとりあるスペースを確保しております。お車をご利用のお客様にご好評をいただいております。

周辺の観光情報

香川県立体育館ホテルパールガーデンより徒歩2分

現在は閉鎖されていますが、丹下健三都市・建築設計研究所による設計による建物で、個性的な外観は、建築デザインの観点から今もなお注目されています。

最大の特徴は、海上交通が盛んだった瀬戸内海にちなんだ和船をモチーフにした大屋根。
建築面積は1,519㎡、延べ床面積は4,707㎡、地上に3階、一部半地下構造で、競技場はスタンド席1300席収容可能な香川県のスポーツ振興の要となってきた建物です。

ホテルパールガーデンは、この香川県立体育館の斜向かいににあり、南側のお部屋からはまるで町の中を泳ぐような船形を上から一望することができます。

※香川県立体育館は平成26年9月30日をもって閉館いたしました。

栗林公園
栗林公園

国の特別名勝に指定されている栗林公園は、約370年前に高松藩主生駒高俊公によって南湖一帯が造園され、その後松平氏が受け継ぎ100年後に完成したといわれています。

金刀比羅宮
金刀比羅宮

古くから「さぬきのこんぴらさん」として親しまれている海の神様。参道の長い石段は有名で、本宮まで785段、奥社までの合計は1368段にも及びます。

屋島
屋島

源平合戦の古戦場として知られる風光明媚なメサと呼ばれる屋根の形をした溶岩台地で、山上からは波穏やかな瀬戸の海と一体となった高松市街や多島美が一望できるビュースポット。

平家物語資料館
平家物語資料館

平家の栄枯盛衰のドラマをろう人形により再現した日本最大のろう人形館。実物大の人形と音や光による仕掛けは迫力満点で、平家物語の世界に引き込まれていきます。

四国村
四国村

地に四国各地の民家を移築・復元した民家の博物館。ほとんどの建物が国・県・市指定の重要文化財に指定されている貴重なもので、漁家や農作業小屋、蔵など昔の情景がそのままに再現されています。

女木島
女木島

高松港沖約4kmに浮かぶこの島は、通称・鬼ケ島とも呼ばれており、島の中央鷲ヶ峰の中腹には、桃太郎伝説を裏付ける、鬼の棲み家だったといわれる大洞窟があります。

小豆島映画村
小豆島映画村

壺井栄の小説「二十四の瞳」を再映画化するために、昭和61年に建てられたオープンセットで、完成後映画村として保存されています。

小豆島寒霞渓
小豆島寒霞渓

日本三大渓谷美の一つに数えられる寒霞渓は、瀬戸内海国立公園の中心的存在。風雨の浸食によって削られてできた奇岩怪石がダイナミックな景観を見せ、紅雲亭から山頂まで結ばれたロープウエイからの眺めは感動的です。

玉藻城
玉藻城

約400年前の讃岐の国のウォーターフロント開発・日本三大水城の一つとして知られる高松城跡につくられた公園で、今も堀には海水が引き込まれています。

高松の観光については

「高松旅ネット
[外部:高松市]」から、詳しくご覧いただけます。

ご宿泊予約

0120-77-5015
FAX 087-821-8742
JR高松駅よりタクシーで8分
地図を見る

インターネット宿泊予約